ネット空間でギター&DTM、ボカロではなく無料のUTAUで
オケ・UST、ダウンロードできます ⇒コチラから

履歴など 現在UPしたばかりのもの: ♪棒人間/RADWIMPS(full) *オケ(offvocal)DLできます

UTAU-Synth 使い方(2/4):調声(編集作業、各種調整)

| 2015.02.23 |
2015年02月23日
■使い方(2/4)■前記事UTAU-Synth 使い方(1):MIDIインポート〜ベタ打ち状態でやったように、ベタ打ち状態までしていたustファイルがあるとして、いよいよ調声段階。
あるいは、前記事でのベタ打ち状態でも、ある程度もう歌えてる状態とも言える。

※ちなみに連続音を使用することを想定しています


なお、未読であれば先に「UTAU-Synth 準備/使い方:Index」をご一読ください。


1:使いたい音源を選ぶ(ベタ打ち状態のustとは別名推奨)


本格的な調声は、使う予定/使いたい音源にした上で行ったほうが良いと思われる。
なぜなら、音源によって特徴が異なり、調声あるいは調整とは
そういった特徴との関連が強いから。

UTAU-Synth画面左上のアイコンをクリック → 一番上の[選択...]から選択
※ファインダーでvoiceフォルダなり目的の音源なりを指定する

過去に使った事がある音源ならアイコンと共に履歴として表示されてるのでそこから選択

音源が変わった事を確認し(アイコン画像と音源名が変わる)、調声開始。




2:ロングトーンの音量衰退とビブラート(volエンベロープ、ビブラート)


画面下部に音量(太い棒グラフみたいなの)とエンベロープ(折れ線グラフみたいなの)が
常時表示なので、ココでエンベロープ(折れ線グラフみたいなの)を編集。

ただ、フレーズ終わりのロングトーンの音量が徐々にフェードアウトする感じは
DAW上でやろうが、ココでやろうが、あまり手間の面では変わりないかも。
どっちで行うかはお好みで。

ビブラートは全部の音に付けるのもいいが、ロングトーンのみにつけるのもあり。
どういう歌い方にするか次第。あるいは曲次第。全くビブラート無しもあり。


ビブラートをつけたいノートを1つ又は複数選んだ状態で
A.副クリックメニュー -> 図形アイコン?を出して感覚的に操作
B.[K]音符のデフォルト設定(α版) でダイアログを呼び出し各種項目指定
の、2種類、または
C.すでにビブラートが付いてるノート(音符)と同じ具合のものを、他のノートに付ける
で、計3種類の方法がある。

まずは前者の方法
A.副クリックメニュー -> 図形アイコン?を出して感覚的に操作
1.副クリックメニュー、そのなかの[ビブラート]をクリック
[ビブラート]にチェックが付いていない状態からチェックをつける
この段階では[ビブラートを編集]という項目がない


2.ビブラートの波がノートに重なって表示される
3.この状態で再度、副クリックメニュー、[ビブラートを編集]をクリック
[ビブラートを編集]にチェックが付いていない状態からチェックをつける

4.ノートの下に黒地に緑の図形が表示。タテ線,ヨコ線,それら線上にある小さいマル,など
右上の赤い四角は非表示なるが、
それ以外はD&Dしてビブラートの各値を変更する、スライダーとそのツマミ


5.ノートに重なって表示されてるビブラートの波の具合が視覚的に変化するので
それを見てビブラート具合を推測&確認する。なんとなく操作。


次に後者の方法
B.[K]音符のデフォルト設定(α版) でダイアログを呼び出し各種項目指定
1.[K]音符のデフォルト設定(α版) > Vibrato タブをクリック
Vivratoタブが表示されてなかったら表示させる

2.各項目を数値、またはスライダーで設定する
上の方にビブラートの波具合が視覚的に変化するので
それを見てビブラート具合を推測&調整する
※上部のビブラート にチェックを入れて有効にしておく


3.良き所で(アバウトだな)、[選択範囲に適用]ボタンで適用させる
ビブラート具合を視聴してみて確かめるる。
└ Aの方法:副クリックメニューの[ビブラートを編集] -> 図形から微調整
└ Bの方法:[K]音符のデフォルト設定(α版) -> 項目から微調整
※慣れたら、良き所が、動かして変化する波具合や数値そのもので
大体検討がつくようになるのかもしれない


A始まりにしろB始まりにしろ、1発で決まるハズなく、その後上記のように微調整として
AだかBだかの方法で何度か繰り返す、という作業の流れになるハズ。


そして3番目の方法
C.すでにビブラートが付いてるノート(音符)と同じ具合のものを、他のノートに付ける
1.副クリックメニューの[ビブラートを編集] -> 図形を表示させる
2.表示させた図形の上で副クリックする -> ビブラートダイアログが出る
[K]音符のデフォルト設定(α版)ダイアログの、Vibratoタブのみ、という感じ

3.[1]〜[5]のボタンのある領域あたりを副クリックし、設定を保存させたい番号を選ぶ
※選んだ番号を覚えておいて、ひとまず閉じる

4.同じようなビブラートの波具合をつけたいノートを選択し、
5.[K]音符のデフォルト設定(α版) -> Vivratoタブの、
6.先ほど設定を保存した番号をクリックし、設定を呼び出し、[選択範囲に適用]ボタン





3:ピッチはほとんど編集しない/ピッチは細かく編集する


最初に断っておくと、ワタシ自身はピッチを細かく編集しないタイプ。

ただ、UTAU-Synthは休符がないので、出だしのノート(音符)の音程が、
その前のノートの音程と異なる場合、ピッチ差?高低差が出る仕様。音程の差が狭い場合は

放っておく場合もあるが、基本的に、是正するために、下記1または2の方法をとる。
1)点を追加し高低差を出さない(or任意の範囲に収める)ようにするか
2)直前はブレスということでブレス用の息音素をどこか適当な音階に置きバランスをとる
ものすごく高低差がある場合は特に(意図しないピッチ差となって)、影響が出るので。

で、それ以上は、特にやらなくてもいい、というのが基本スタンス。
それ以上やる場合は、単に もっと高度な調声(面倒くさい時間かかる作業)、をする、
と、いう感じで、“基本的な調声”とはまた別の段階という認識。

よく出来た音源ならベタ打ちでもキレイに歌ってくれる、というのが最大の理由。

今まで検索で見た事ある記事では、人間の歌声は実は案外(ピッチが)上下してるから
細かく編集すべきor腕の見せ所、的な感じで書かれてたり、
それ(=ピッチ編集)が、UTAUは初心者には難しくて敷居が高い、的な文脈だったり。


なんというか、下手にいじっていじり倒しても、ただの音痴になるだけなのです。

別に 細かく編集する、のを全否定してるわけではない。

音素自体の特性や歌い方などに則ってちょいと編集してやったほうが、そのままより
「・・・ビンゴ!」な時もあるし。そういった編集で
すっごい人間的(何をもって人間的というかはさておき)な歌唱を実現してる動画もいっぱいあるし。
使い方を検索して調べたいというくらいの人なら、そこまでやらなくても、という事です。




4:表情音源を部分的に取り入れる場合


(音源に付随する)キャラクターによっては、独立して使える表情音源を、複数持つ場合もある。
その場合は、それぞれの表情音源のみで完結していて、 
以下に紹介するような操作を行う必要はない(通常のエイリアスのみ、ということ)。

あるいは、通常音源を基本として、複数の独立した表情音源を、まさに表情音源として
サブフォルダ化して使う事もできる(=これは音源のカスタム)。ただ、
声質が違いすぎて(録音環境の違いなど)、合わない(=他の音源種と合わせて使えない)場合もある。

表情音源(拡張音源、Appendともいう)を部分的に使う場合について。
以下2項目は、通常音源があり、その直下にサブフォルダ化した音源があるVo音源での場合。

4-1:[ I ] Prefix / Suffix操作


ある程度の個数をまとめて拡張音源にする場合に手っ取り早い。
使いたい表情音源のエイリアスが何か把握しておく必要があるのは言うまでもない。

例1:[i あ_soft]の場合[_soft]の部分が表情音源のエイリアスなので
prefix[(変更無し)]のまま、suffixに[_soft]を手動入力してOKボタン

例2:[i あ soft]の場合[ soft]の部分が表情音源のエイリアスなので
prefix[(変更無し)]のまま、suffixに[ soft]を手動入力してOKボタン ※半角空白がある

例3:[i あ柔]の場合[柔]の部分が表情音源のエイリアスなので
prefix[(変更無し)]のまま、suffixに[柔]を手動入力してOKボタン

例4:[G4_i あ]の場合、[G4_]の部分がエイリアスなので
prefix[G4_]を手動入力、suffixに[(変更無し)]のまま、OKボタン


4-2:[Shift]+[副クリック]


特定の1つのノートを[Shift]+[副クリック]すると、候補がずらっと出る、その中から
目的の表情音源のものを選ぶ。




5:音源ごとの特徴(クセ)/音素ごとの特徴(クセ) による調整


音源ごとの特徴(クセ)を、均す(ならす)という方向性で調声されたustは、
他の音源との差し替えがより非推奨になると個人的には思います。

例えば特定の音素のみ音量が小さめ?と思ってその音素のノートの音量を上げたりした方が、
滑らかになる、とか

言葉の繋がりが、ココちょっと声質がちがって聴こえるが(許容の範囲とします)、
gを1か2くらい上げたら(or下げたら)、ちがって聴こえた声質が同質になった、とか

こういった調整は、特定の音源種の特徴、を、最適化するための調整なので
差は少ないとしても他の音源に変更すると影響するでしょう。
なお、なんとなく以下のような意味合いで使ってます
調整:+ーゼロにする最適化
調声:+にもってくアドバンス


5-1:子音速度、bre値、g変、flag([command]+[E]音符のプロパティ)


音源により変更した方がいい場合がある。readme.txtなどで
推奨値が明示されてある場合などは、とりあえず素直に推奨値に従っておく、とか。
以下、ノートを選択した状態で[command]+[E]音符のプロパティ にある項目。
※複数選択した状態でも可

子音速度:「まどろっこしい」「舌っ足らず感」などを感じる場合、
数値を多くとったら改善する場合も(気のせいかも?)。また、全体的には良いんだけど、何か特定の音素のみに
「まどろっこしい」「舌っ足らず感」を感じる場合、個別に設定することにより、その特定の音素の
違和感を改善出来る場合も(気のせいかも?)。
初期値[100]-->[120]とか

bre値:高音(高域)箇所で、裏声的にしたい場合など、数値を多くとると「らしく」なったりする
あわせて音量を下げるといい。裏声的とまでいかなくても、声質を調声するという意味で
初期値[0]-->[20]〜[60]の間のどこか

flag:声質を調声するということで、g以外のflagを編集したり
何が効くかはよく知らないので割愛
音源のreadmme.txtなどで推奨値を明示してる場合は参考にするといいかも
Win版UTAUのresamplerでのflagを一応参考にするといいと思う
自分で試してみるのがいちばん


5-2:「い」や「う」


どのような音量になってるか、音源によるところが大きいので一概には言えないが、
一般に単語や文章の中ですこし小さめな音量になる音素なので、画面下部にある
vol(棒グラフみたいの)を少し下げてみたりすると、いい場合がある。
[command]+[E]音符のプロパティ の音量 の数値を直に入力したり

または、[a い2]など、複数のエイリアスのある音源の場合、
発声のニュアンスが違ってたりするので
試してみると違いがでて(わかって)、より合うものを選ぶとよい。


5-3:「す」や「し」、「か」や「た」


音源による差も大きい。
変に目立つ音になってしまうのを防ぐ、というのをした方がいい場合がある、という感じ。
特徴的な発音(音素)であり調声のしどころがある、ということに留め、詳細は省く。

「す」や「し」などサ行は、DAW上で「ディエッサー」という種類のエフェクタを入れるといい。
ただ、音源によってはそれだけでは「変に目立つ音になってしまう」のが収まらず、
UTAU上でも調声した方がいい場合もある、という。



5-4:小さい「っ」感(「促音」 読み:そくおん)


音源による差も大きい。
たとえば、「〜だった」という歌詞を歌唱させたいとして、
『[だ]、空ける、[た]』 と歌詞入力すればエイリアスは自動的に(UTAU-Synthは自動で連続音化する)

『[x だ]、空ける、[- た]』 ←※x=前音素の母音、休符がないので間隔を空ける

となり、イイ具合に歌ってくれる場合もあるし、

『[x だ]、空ける、[a た]』

と、空けた箇所があっても、前の(この場合[x だ]の)母音の[a]と繋がって連続音になり、
促音っぽくならない場合もある。

これは、音源ごとにかなり様相が異なる、UTAU-Synthで下部に表示される、
特に[- あ]や[- れ]など歌い出しの音素のエンベロープ(折れ線グラフみたいなの)の違いによる。
※要するに原音設定の違い
自分で原音設定(oto.iniの数値)を変更出来るなら、変更してもいいだろう。
ワタシは、そこまで原音設定には詳しくないのでやったことない

単にエイリアスを[- た]に変更すると、同じくイイ具合に歌ってくれる場合もある。

あるいは、この(ある意味)単純な方法ではなく

『[x だ]、空ける、[a た]』や『[x だ]、[a た]』

のまま、前の母音の(この場合[x だ]の)[a]と繋がった[a た]のまま、
volエンベロープ(折れ線グラフみたいなの)を、ググ・グイグイっと編集する事により
促音を表現する方法も。完全に母音感の切れた接頭語[- た]を使うより、より聴感上
理にかなった自然な方法論といえる。

どのように・どのくらい、ググ・グイグイっとエンベロープの稼動点を設定・編集するか、
によるわけだが。




6:ブレス用の息系音素入れる/入れない


音源により息音素が同梱されてない場合もある。
とりあえず歌わせたいだけだからブレスは必要ない、という場合もある。
UTAU-Synthでは雑音になってブレスとして使えない事態も考えられる。
※win版UTAUとちがいエンジンを選んだりする仕様ではない
推奨エンジン「TIPS」や「tn_fnds」、などと明記されてる
音源種の、息要素は、雑音になって使えない確率が高くなると考えていいかも。
これは個人的に思う傾向の推論であり、実際はどうか各自確認の事。




関連記事:


Reng22063 | 2015.02.23

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

にほんブログ村 音楽ブログ UTAUへ

にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ

音源タグ

楽器パートや、歌唱に使用(=人名っぽいの)した音源から絞り込み。 音源タグとは

SGM-2.01.sf2-008:ROOM_Dr  AGML2  実音とわの  星水晶  offvocal  Steel_Guitar_1_Plus.sf2  揺歌サユ  Number_Bronze  Arco_Celli.sf2  SonatinaDoubleBass(AUi)  SonatinaCello(AUi)  LK-AcousticSteel.sf2  SGM-V2.01.sf2-041:Viola  SGM-2.01.sf2-016:Organ_1  FluidR3GM.sf2-039:SynthBass2  DaeA  Naturally_Decaying_B-Guitars.sf2  SS_guitar.sfz  DSK_Acoustic_Guitar  HS_Acoustic_Guitar.sf2  Estate_Grand_LE  NBB_Yamaha_Elec[sfz]  YamahaGtr[sfz]  闇音レンリ  242_Gibson_Les_Paul.sf2  Equinox_Grand_Pianos.sf2  EGt_Paci_p5.sf2  波音リツ  歌笛モカ  ClavinovaPiano1.sf2  ソーホー(UTAU)  SGM-2.01.sf2-012:Marimba  SC_Delay  Cadenza_Strings.sf2-Cadenza_Viola  朝音ボウ  Acousbass.sf2  SampleSmith_Free_G1-v1.sf2  Aspirin-Stereo.sf2-048:XP_StereoStrings  VL_Acustic_Guitar.sf2  ギター弾いてみた  雪歌ユフ  SampleTank2-P_Bass_Fingerd  symphonic_strings.sf2  音憑タカ  MT_PowerDrumKit(AUi)  結音りり  SampleTnak2_Ele.Gtr  gpxRSE_Ele.Gt  Splendid_72.sf2  Kamac_Distortion_Guitar.sf2  HS_Steel_Guitar.sf2  Aspirin-Stereo.sf2-051:EMU_Strings1  SonatinaViolas(AUi)  gpxRSE_Dr  SonatinaViolin(AUi)  ABPL2  CelloTripleS.sf2  SGM-V2.01.sf2-000:Standerd1  GeneralUser.sf2-026:Jazz_Guitar  NS_J_Bass.sf2  FluidR3_GM.sf2-089:Warm_Pad  vb1  SGM-2.01.sf2-049:SlowStrings  京歌カオル  SGM-V2.01.sf2-025:Accordion  Miscellania_ll(AUi)  SGM-2.01.sf2-029:Distortion_Guitar  gpxRSE_Bass  Hand_Crash(AUi)  SampleTank3Free_Pi  HS_Grand_bright.sf2  朱音イナリ  Arco_Violas.sf2  水音ラル  Cadenza_Strings.sf2  SGM-2.01.sf2-029:Overdriven_Guitar  AddictiveKeys  tg_Vibraphone  FluidR3GM.sf2-030:Distortion_Guitar  HS_Nylon_Guitar.sf2  Street_Bass.sf2  英翠韻作蓉  SGM-V2.01.sf2-012:Marimba  SGM-2.01.sf2-000:standerd1  京音ロン  Yamaha_Fingered_Bass.sf2  WspMandolinTremolo.sf2  MagicSFver2.sf2-001:STANDERD_DRUM_SET  薪宮風季  Aspirin-Stereo.sf2-048:XP_StereoString  Asprin-Stereo.sf2-004:LliveEP1  RolandNicePianoV2_5.sf2  Strat_Marshall.sf2  Genycis_Orchestrings.sf2  SGM-2.01.sf2-039:SynthBass2  gpxRSE_Aco.Gt  Arco_Violins.sf2  織音ゆん  Diato.sf2  VSCO(AUi)  WspMandolinPicking.sf2  Hydrogen  雨歌エル  瑞歌ミズキ  tg_Piano  198_Stratcaster_VS.sf2  SCC_Expressive_Strings[sfz]  Cadenza_Strings.sf2-Cadenza_Violin  

(Now: 記事数順 ランダム順 新着順)
楽器パートや、歌唱に使用(=人名っぽいの)した音源から絞り込み。 音源タグとは
(最大表示件数:40)
楽器パートや、歌唱に使用(=人名っぽいの)した音源から絞り込み。 音源タグとは
※配布時にIcon画像がなかったものは個人的にHPやPixivのイラストをトリミングし使用(薪宮風季, 英翠韻作蓉, 水音ラル)
※Number_BronzeのIconについて:音源毎にIconが異なるので、HP掲載の立ち絵からトリミングし使用

(表示:選抜)