履歴など 現在UPしたばかりのもの: ♪棒人間/RADWIMPS(full) *オケ(offvocal)DLできます

Guitar Pro 6 / Guitar Pro 7 〜Power Tab形式をMacで開く

| 2017.06.29 |
2017年06月29日
【追記2017.06月】Guitar Pro 7 出てます。カラーイメージ(ブランドカラー)変わって黒x青に。
世界中に広く普及してるGuitarPro形式(gpx, 7は gp)。わりとちゃんと使い始めたのはMacにして(2014.6月〜)から。WinXP時代にWin版(〜2014.05月)持ってた時は高機能すぎてあまり使ってなかった。
【追記2017.07月】DL決済にはコンビニで買える Vプリカ を使うのが多分最もカンタン支払い。よほどの理由がない限り公式HPからDLで購入した方が良い&最安値のように見受けられる。販売店などのパッケージ版(DLじゃないやつ)は2千円くらい割高。
関連記事:Guitar Pro 7 が出てた(!) @2017, 5月中旬 → 7入れた@2017, 6月下旬

Guitar Pro 7アイコン
Guitar Pro 7
対応OS:Win/Mac/Linux/iOS
体験版/有料:-下記参照-
エディタ


独自ファイル形式:gp
読み込み:MIDI,ASCII,MusicXML,PowerTab,TablEdit
※過去のGuitarProファイル(GP5,GP6など)は「開く」から

書き出し:GPX,GP5,MIDI,ASCII,MusicXML,Audio,PNG,PDF
※AudioはMP3,WAV,FLAC,AIFF,Ogg から選択
※Audioで書き出せるのはRSE適用トラックのみ

音源:モード3種? MIDI/RSE、のほかトラック毎の MIDI or RSE
※PlaybackではMIDIとRSE、混合が可能に!

対応言語:日本語OK ※下記参照
価格:※日本円は記事編集時のレートです
 初めてGuitar Proを買う場合:$75 ← 約¥8,404- [$75 円] @Google検索結果
 ( 既にGuitar Pro 6買ったことある:$30 ← 約¥3,361- 期間限定、多分2017.06月30日まで *限定期間終了* )
 既にGuitar Pro 6買ったことある:$37.50 ← 約¥4,202- [$37.5 円] @Google検索結果
 Guitar Pro 7 ¥8,800- @Amazon
 DL先行版 ¥9,504-、DL先行版(VU版) ¥4,644-、パッケージ版 ¥11,664- @FrontierFactoryダイレクトストア

Guitar Pro 7 価格について:
【追記2017.07.13】上記この色の2つは公式HP(英)の価格で($75、$37.50 の分)、販売店などではパッケージ版がありそれは1万円くらいする感じ(それでいうとAmazonのお値段は比較的お安め)。どの販売店でパッケージ版買うより公式サイトでDLする方が安い

Guitar Pro 7 日本語化について:
【追記2017.07.10】今日確認したupdateでは対応システム言語が増え日本語化もOKに {ver 7.0.4.659現在}
Guitar Pro 6はメニューバーの ファイル > 言語 から選べたのに Guitar Pro7 にはそれらしきメニュー項目がない(!)。かといって、環境設定の Preference... ⌘, > Interface タブの INTERFACE で Language: [System language] を選択しても、→結局日本語になってない(!!)。となればメニュー日本語化もうお手上げ。ま、英語のままでもあんまり困らないかもだけど。


Guitar Pro 7 私的感想


・変更:Guitar Pro 6から大きくUI・操作性、あと機能も変更
・追加:保存時のオプションで ロックをかけられる
    開く、編集、ファイナライズ、の3種 ※ファイナライズ以外は要パスワード設定
・表示:レイアウト変更→操作性も変更、個人的には表示/非表示がよりワンタッチになった感
    パネル(左側)やMixer(下部)の表示/非表示
    楽器パネル≒ギターフレットの表示/非表示 ※keybordだったりもする
・表示:歌詞、ダイアグラム は表示がパネル(左側)から独立してfloat形式に
・オーディオ化:WAVだけじゃなく、 MP3 と FLAC Ogg も
・バグ修正:MIDI書き出し、タイで繋いだ音符(繋いだ後ろの方)が無くなる(抜け落ちる) のが修正されてる!

Guitar Pro 6アイコン
Guitar Pro 6
対応OS:Win/Mac/Linux/iOS
体験版/有料:-下記参照-
エディタ


独自ファイル形式:gpx
読み込み:MIDI,ASCII,MusicXML,PowerTab,TablEdit
※PowerTab(ptb)読み込む場合、フォルダ名やファイル名に日本語があると
読み込んでも白紙状態。一時的にでも場所を変えたりファイル名を半角英数字に変更して
読み込めばOK。(GuitarPro6で改めて保存するときに日本語フォルダやファイル名はOK)

書き出し:GP5,MIDI,ASCII,MusicXML,WAV,PNG,PDF
※書き出しでWAVが選べるのは、RSEモードの時だけ

音源:モード2種 MIDI/RSE
MIDI=そのPC(WinなりMacなり)標準のMIDI (他、あれば選べる)
RSE=Guitar Proの独自音源(Realistic Sound Engine)

体験版:機能制限=付属のサンプルファイルのみ開ける、書き出しや保存はできない、RSEは5種の音源のみ
対応言語:日本語OK
価格:¥6,443〜7,200@価格.com外部リンクダウンロード版:¥6,480 パッケージ版:¥8,208@e frontier外部リンク


スクリーンショットやその他詳細は下記リンク先で確認


Guitar Pro 6 改め、Guitar Pro 7
サイト(英):Guitar Pro http://www.guitar-pro.com/外部リンク
サイト(英)のDLページ:Guitar Pro 7 - DLページ@サイト外部リンク
DLの方法:上記「サイトのDL(英)ページ」のEmail入力欄にメアドを入力し、指示に従う。
販売店のDLページ:Guitar Pro 7 - DLページ@FrontierFactoryダイレクトストア
販売店のDLページ:Guitar Pro 6 - DLページ@イーフロンティア
販売店のFAQページ:Guitar Pro - FAQページ@イーフロンティア
    註:
  • FrontierFactoryダイレクトストアの利用には会員登録が必要
  • イーフロンティアの取り扱いはGuitar Pro 6
  • 旧バージョンとなったGuitar Pro 6 は公式サイトからはDLできない
  • 旧バージョン(Guitar Pro 5など)はDLできない(検索してもヒットしない)
  • 価格は記事編集時の値段(時期により多少変動します)



以下は Guitar Pro 6時に書かれたものです

公式的な特徴というより個人的使用感からピックアップしたもの


スライド種類:6種
GuitarPro6_編集パネル↑GuitarPro6の編集パネル
sl設定 GuitarPro6_sl=6種
左側から順に、
①レガート スライド [L]
②シフト スライド  [S]
③スライド イン(高い音から)
④スライド イン(低い音から)
⑤スライド アウト(下行)
⑥スライド アウト(上行)
. . . . で6種



Guitar Pro 6 私的感想


・特徴:タブ形式で複数ファイルを同時に開ける
・特徴:オートメーション機能〔曲の途中でpanやvolを変更することができる〕
・互換:PowerTab(ptb)読み込める(*1)、TuxGuitar(tg)読み込めない
・声部:4声部可(*2)
・操作:ほぼショートカットでいける(*3)
・表示:ギターコードダイアグラムの表示可〔選択可:上部にまとめて表示/楽譜上に表示〕
・表示:レイアウト(組段、という)の調整が何か面倒な仕様になってる(*4)
・表示:シングルトラック(1個の楽器分)-マルチトラック(全部の楽器分)、表示の切り替え可
・バグ?:「クレッシェンド/デクレッシェンド」、記号は表示はされるが音的には全く変化無し
・バグ?:MIDI書き出し、タイで繋いだ音符(繋いだ後ろの方)が無くなる(抜け落ちる)
・バグ?互換?:8トラック以上のものをgp5化すると、なんかうまくいかない(*5)

*1)ptb読み込み:3択 。ギタースコア[F2]か、ベーススコア[F3]か、統合してどちらも読み込むか[F2]&[F3]

        こういう画面↓
ギタースコアのみ 

ptbの[F2]
ベーススコアのみ

ptbの[F3]
ギタースコアとベーススコアを統合

ptbの[F2]&[F3]

*2)4声部:他のTAB譜ソフトでは2声部"通常のと,ローコード"が主流。これはさらに"3番目,4番目"があるという感じ。
*3)ショートカット:Power Tabのショートカットとはだいぶ異なる(ので注意が必要)
*4)レイアウトの調整:他のTAB譜ソフトでは小節数が選べず一定なので(4小節分ずつ、とか画面の横幅に収まる小節分ずつ、とか)、調節出来るだけマシとも言える(例:4小節,4小節,2小節,4小節...etc)。が、複数あるトラック(=楽器)の場合マルチトラック表示でレイアウト決めても、シングルトラック表示にしたらさっき設定したのは何だったんだ、と、効いてない。これは、楽器(=トラック)ごとに"それぞれ"レイアウト設定を保持するため。・・・便利ともいえるし不便ともいえるような・・・。マルチトラック/シングルトラック表示に関わらず、レイアウトを揃えたい場合はそれぞれのトラック毎に設定する必要がある。そしてこれは「ページ(単ページ)」「パーチメント」モードの場合の話。
表示モード5種。1.ページ(単ページ)/2.ページ(見開き)/3.パーチメント/4.縦スクリーン/5.横スクリーン
他のTABソフトの表示モード:縦or横、に相当するのが「縦スクリーン/横スクリーン」

*5)8トラック以上のgp5化:最初の1トラック目や2トラック目の設定楽器が9トラック目以降の設定楽器になるという不具合。なんなのこれ。バグなのか互換上の問題なのかわからない、MIDI設定が関連してるっぽいのはわかる。8Tr(1Trにつき2chづつx8=16ch使い切るカタチ?、てこと?)で1巡して、最初のトラックのch設定が9Tr目と同じになる、的なことらしい。gpx時にMIDI ch が被らないよう各トラックを設定してもなんの関係もなく、gp5化するとこの現象。

Reng22063 | 2017.06.29

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

にほんブログ村 音楽ブログ UTAUへ

にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ

音源タグ

楽器パートや、歌唱に使用(=人名っぽいの)した音源から絞り込み。 音源タグとは

tg_Vibraphone  星水晶  FluidR3GM.sf2-039:SynthBass2  offvocal  gpxRSE_Dr  Equinox_Grand_Pianos.sf2  織音ゆん  音憑タカ  Diato.sf2  雨歌エル  SGM-2.01.sf2-000:standerd1  DaeA  ABPL2  Aspirin-Stereo.sf2-048:XP_StereoStrings  薪宮風季  RolandNicePianoV2_5.sf2  ギター弾いてみた  SGM-V2.01.sf2-025:Accordion  Arco_Violas.sf2  瑞歌ミズキ  SGM-2.01.sf2-012:Marimba  242_Gibson_Les_Paul.sf2  NBB_Yamaha_Elec[sfz]  Genycis_Orchestrings.sf2  ソーホー(UTAU)  SGM-2.01.sf2-029:Overdriven_Guitar  MagicSFver2.sf2-001:STANDERD_DRUM_SET  DSK_Acoustic_Guitar  SGM-2.01.sf2-039:SynthBass2  WspMandolinPicking.sf2  Street_Bass.sf2  Hydrogen  SCC_Expressive_Strings[sfz]  CelloTripleS.sf2  Hand_Crash(AUi)  Miscellania_ll(AUi)  FluidR3GM.sf2-030:Distortion_Guitar  vb1  LK-AcousticSteel.sf2  Cadenza_Strings.sf2  SonatinaCello(AUi)  波音リツ  gpxRSE_Ele.Gt  VL_Acustic_Guitar.sf2  Aspirin-Stereo.sf2-051:EMU_Strings1  AddictiveKeys  SGM-V2.01.sf2-012:Marimba  SGM-2.01.sf2-049:SlowStrings  SGM-2.01.sf2-029:Distortion_Guitar  Number_Bronze  京音ロン  SonatinaDoubleBass(AUi)  Arco_Violins.sf2  Arco_Celli.sf2  Asprin-Stereo.sf2-004:LliveEP1  EGt_Paci_p5.sf2  Estate_Grand_LE  SC_Delay  ClavinovaPiano1.sf2  gpxRSE_Bass  SGM-2.01.sf2-008:ROOM_Dr  SonatinaViolin(AUi)  SampleTank2-P_Bass_Fingerd  SGM-V2.01.sf2-041:Viola  HS_Acoustic_Guitar.sf2  SampleSmith_Free_G1-v1.sf2  YamahaGtr[sfz]  Yamaha_Fingered_Bass.sf2  WspMandolinTremolo.sf2  水音ラル  実音とわの  HS_Steel_Guitar.sf2  Strat_Marshall.sf2  SampleTnak2_Ele.Gtr  Acousbass.sf2  SonatinaViolas(AUi)  HS_Nylon_Guitar.sf2  京歌カオル  揺歌サユ  198_Stratcaster_VS.sf2  HS_Grand_bright.sf2  FluidR3_GM.sf2-089:Warm_Pad  NS_J_Bass.sf2  GeneralUser.sf2-026:Jazz_Guitar  symphonic_strings.sf2  AGML2  Steel_Guitar_1_Plus.sf2  Splendid_72.sf2  朝音ボウ  闇音レンリ  gpxRSE_Aco.Gt  MT_PowerDrumKit(AUi)  Aspirin-Stereo.sf2-048:XP_StereoString  tg_Piano  Naturally_Decaying_B-Guitars.sf2  結音りり  英翠韻作蓉  Cadenza_Strings.sf2-Cadenza_Violin  SS_guitar.sfz  Kamac_Distortion_Guitar.sf2  VSCO(AUi)  歌笛モカ  Cadenza_Strings.sf2-Cadenza_Viola  SGM-2.01.sf2-016:Organ_1  雪歌ユフ  SGM-V2.01.sf2-000:Standerd1  SampleTank3Free_Pi  朱音イナリ  

(Now: 記事数順 ランダム順 新着順)
楽器パートや、歌唱に使用(=人名っぽいの)した音源から絞り込み。 音源タグとは
(最大表示件数:40)
楽器パートや、歌唱に使用(=人名っぽいの)した音源から絞り込み。 音源タグとは
※配布時にIcon画像がなかったものは個人的にHPやPixivのイラストをトリミングし使用(薪宮風季, 英翠韻作蓉, 水音ラル)
※Number_BronzeのIconについて:音源毎にIconが異なるので、HP掲載の立ち絵からトリミングし使用

(表示:選抜)