ネット空間でギター&DTM、ボカロではなく無料のUTAUで

履歴など

最終更新日 | |

UTAU フラグ各種 説明・解説

249
UTAU、UTAU-Synth使ってたらよく出る"フラグ"、傾向と対策。Wndows版とmacOS版でもしかして効く/効かない とか、何かしら違いがあるかもしれん、よくは知らない。自分的まとめメモ。
もっと広義の用語解説はこちらUTAU 用語 単語 意味
※今更だがWndows版=UTAU、macOS版=UTAU-Synth  ※UTAUのresamplerの文書が元
  • とりあえずシンプルに、でも1行じゃ無理なので複数行
  • このような赤い単語のとこがflag名 ※全部アルファベット1文字、小文字と大文字は別
  • 1). プロジェクト情報 (ツール > プロジェクト情報... ⌘+P)のflags←全体に一括してかける
    2). 個々のノート毎 (編集 > 音符の情報... ⌘+E)のその他のフラグ←個別にかける
    に空白や「,」(カンマ)なしで続けて記述。※1と2両方の場合、2の個別にかけた値が優先される
  • 独断と偏見で、"よく使う分、フォルマント系、ローパスフィルタ" の3つに大別してリスト
  • flag名 (最初値〜最大値 初期値)

フラグ:〜flags〜

 

よく使う分

 g ( -100 〜 +100 def:0 )
 声質をコントロール or 声の性別を変更 ※通常 -10 〜 +10 位の間で使用
 g+10、g-10という様に、必ず+か-の正負記号を付けて指定  
+方向へ調整すると声が太くなり、より大人っぽい・男性らしい声〈男性声→女性声〉
-方向へ調整すると声が細くなり、より・子供っぽい・女性らしい声〈女性声→男性声〉

 t ( -9 ~ +9 def:0 )
 音程を10cent(半音 1/10) 単位で調整
 t+5、t-5という様に、必ず+か-の正負記号を付けて指定

 P ( 0~100 def:86 )
 ピークコンプレッサー。原音のピーク音量を揃える。
 (音量設定やエンベロープの変更は別途適応)
 100でバラつきゼロ。99以下の場合は原音の音量と設定値に比例してバラつきが出る。
 あくまでも原音のピーク音量を揃えるだけ  
「P0」:このフラグを全体に使うと原音の強弱が損なわれず、 自然な強弱がつく
例) 英語音源の[A]と[@]では[A]の方が大きい音etc...

 Y ( 0 ~100 def:100)
 子音部の固定範囲以外にかかるブレシネスと思われる。(詳細不明)
 Y0等の小さい値を指定する事により、(中略)、滑舌が良くなる
 (副作用として高音のキンキンしたノイズが出る為、(中略)、ローパスフィルタを併用して調整)
 注意:連続音音源を使用する場合は、(中略)、デフォルトのY100のままで

 b (0~100 def:0)
 フォルマントフィルタ後に適応されるBRE。BREに比べて
 原音の音程から離れた時のBRE変化が緩やかになりザラザラした声になりにくくなる
 ローパス系フィルタ(C、D、E、H、h)の影響を受けないのでBREより音が篭りにくい

 

フォルマント系

 F (0~不明 def:0)
 フォルマントフィルタの強さを調整
 「基本周波数×指定値」より上の周波数にフォルマントフィルタがかかる
 基本的にいじらない方がいいが、低音でノイズが出る時にF4~F7あたりを指定するとノイズを抑制できることがある。

 L (0~不明 def:なし)
 Fの周波数固定版。 「170Hz×指定値」より上の周波数にフォルマントフィルタがかかる
 Fと同時に使用した場合はこちらが優先。

 

ローパスフィルタ

 h (0~99 def:0)
 子音の息成分(ブレシネス)以外にかかるローパスフィルタ
 高域の子音成分を強調する為、子音成分が不安定な音源には不向き
 注意:強くかけると声がひどくかすれてしまう為、Yフラグの値を小さくする等の調整が必要

 H (0~99 def:0)
 高音域を削り、低音域を強調するローパスフィルタ
 (下記のC、 D、Eのローパスフィルタを併用するのと同等の効果)
 高音のキンキンしたノイズを緩和する効果あり、副作用として声が篭る

 C (0~100 def:0)
 特に高音域を削るローパスフィルタ
 100でかけた時の音量は0kHzが100%、11kHzが50%、22kHzが0%

 D (0~100 def:0)
 中音域を削るローパスフィルタ
 100でかけた時の音量は0kHzが100%、11kHzが0%、22kHzが100%

 E (0~100 def:0)
 低音域と高音域を削るローパスフィルタ
 100でかけた時の音量は0kHzが100%、7.1kHzが0%、11kHzが100%、22kHzが0%

 c (0~100 def:50)
 フォルマントフィルタ適応前にかかるCフラグ

繰り返すが、Wndows版とmacOS版でもしかして効く/効かない とか、何かしら違いがあるかもしれん、よくは知らない。

関連記事
Reng22063 | 最終更新日 |